原動力になる加藤美蜂園本舗の蜂蜜

原動力になる加藤美蜂園本舗の蜂蜜について

加藤美蜂園本舗のハチミツは母の原動力だった

加藤美蜂園本舗のハチミツは母の原動力だった

もう40年以上も前の話です。

当時母は、心臓病で入退院を繰り返していました。

ところが母は、大正生まれの昔気質の女でしたから、そんな病弱でも、とにかく働き者でした。

子供5人と、母の実母と夫婦の8人家族の食事に、掃除洗濯に一生懸命でした。

朝早くから夜遅くまで、働きつめでした。

そんな母のお気に入りは、すりおろした林檎に蜂蜜をかけたデザートでした。

当時の母の口癖は、自分の体に一番あっているし、栄養満点!でした。

そんな影響で、今では私の好物になっています。

ところで、その蜂蜜に対する母のこだわりは、半端なものではありませんでした。

さくら蜂蜜でないとダメだったのです。

さくら蜂蜜とは、当時の母が名付けたのでしょう。

それは加藤美蜂園本舗の蜂蜜のことでした。

家族は、どこの蜂蜜でも同じだからと、他のメーカーのモノを買って来ても、一切、手をつけないほどの徹底ぶりでした。

私は、毎朝加藤美蜂園本舗のハチミツを、すりおろした林檎に混ぜながら、ときには亡き母のことを思い出しています。

加藤美蜂園本舗のホームページで学習

「はちみつCAFE」は、加藤美蜂園本舗のホームページにあるネット上のお店だ。

その「もっとはちみつを知ろう!」のコーナーで、はちみつの栄養成分を学んだ。

ハチミツには、なんと!花粉も含まれていることを知った。

当然といえば当然だが、蜂蜜を集める蜂は一緒に花粉も集めて回ることになる。

この花粉の栄養分が、ハチミツに勝るとも劣らないほど豊富だ。

たんぱく、ビタミン、カルシウム、カリウム、鉄、さらにミネラルまで含まれているらしい。

このミネラルは、人の健康に必要な栄養素である。

さらに素晴らしいことは、そのすべてが、体内に吸収されやすいイオンの形で、ハチミツにとけ込んでいるというのだ。

さらに、加藤美蜂園本舗のホームページの「はちみつCAFE」は、私の興味をそそる。

加藤美蜂園本舗の広島支店

ハチミツは、砂糖の三分の一の量で同じ甘さが得られという。

同じ甘さなら、砂糖に対して60パーセントもカロリーが、少ないということだ。

これは食事にカロリー制限をしている人には、とても朗報である。

Comments are closed.